デタックス災害復興システム

Suggestion

重なり合うプレートに乗った日本列島では、過去に大きな被災と復興が、繰り返されてきました。(https://bushoojapan.com/walker/2014/03/22/16438#M)

 

大地震で命からがら生き残った人々には、何ができるでしょうか。例えば会社経営者Aさんの場合。

『生き延びるために食事、寝床のある避難所を探し求めるでしょう。Aさんは半壊滅状態の街を、避難所を求めて歩き続けました。

何時間か歩いて何とか避難所にたどり着きましたが、ただ大勢の人々がいるだけで収拾がつかない状態です。けが人も病人も沢山います。それでも何とか乾パン一切れと畳1畳くらいの寝床を確保しました。

日本の避難所の実態(https://www.sankei.com/life/news/170417/lif1704170005-n1.html

 

避難所の備蓄はすぐに底をつき、もう体力も・気力も底をつきかけた5日後にやっと救援物資が届きました。何もかもを失ったAさんは、この避難所で生き延びるしかなく、少ない情報に一喜一憂しながら、同じ境遇の人たちと慰め合って暮らしました。営んでいた会社は社員の消息も不明で、事業再開のめどは立たず、廃業に追い込まれました。

2ヵ月後、申し込んであった仮設住宅が当たって、車で2時間も行った山あいに、生き残った家族と移転しました。何も持っていないので鍋釜から援助してもらいました。

2年が経ち、遠くの親戚に身を寄せる人も増え、仮設住宅は空きが多くなりました。自分のいた街は砂ぼこりが舞っていて、復興には程遠い状況でした。自分復興のための諸手続きも行列に並んで待つしかなく、なかなか進みませんでした。

5年が経ち、わが街も整備が進みましたが、工事現場だらけで、自分の家も会社も取り壊されたままでした。唯一残った土地も値下がりし、売って借金を返済したら何も残りませんでした。Aさんは結局被災に合わなかった遠くの町へ転居して、一から出直すことになりました。

 

あれから100年が経ち、Aさんの孫の時代となりました。孫たちは、おじいちゃんの時代に大震災があったことは誰も知りませんでした。

そして孫の時代に、再び大震災が起きました。孫はAさんと同じことを繰り返し、Aさんの教訓は活かされませんでした。』

Suggestion1

重なり合うプレートに乗った日本列島では、過去に大きな被災と復興が、繰り返されてきました。(https://bushoojapan.com/walker/2014/03/22/16438#M

 

大地震で命からがら生き残った人々には、何ができるでしょうか。例えば会社経営者Aさんの場合。

 まずは生き延びるために食事、寝床のある避難所を探し求めるでしょう。Aさんは半壊滅状態の街を、避難所を求めて歩き続けました。

何時間か歩いて何とか避難所にたどり着きましたが、ただ大勢の人々がいるだけで収拾がつかない状態です。けが人も病人も沢山います。それでも何とか乾パン一切れと畳1畳くらいの寝床を確保しました。

日本の避難所の実態(https://www.sankei.com/life/news/170417/lif1704170005-n1.html

 

避難所の備蓄はすぐに底をつき、もう体力も・気力も底をつきかけた5日後にやっと救援物資が届きました。何もかもを失ったAさんは、この避難所で生き延びるしかなく、少ない情報に一喜一憂しながら、同じ境遇の人たちと慰め合って暮らしました。営んでいた会社は社員の消息も不明で、事業再開のめどは立たず、廃業に追い込まれました。

2ヵ月後、申し込んであった仮設住宅が当たって、車で2時間も行った山あいに、生き残った家族と移転しました。何も持っていないので鍋釜から援助してもらいました。

2年が経ち、遠くの親戚に身を寄せる人も増え、仮設住宅は空きが多くなりました。自分のいた街は砂ぼこりが舞っていて、復興には程遠い状況でした。自分復興のための諸手続きも行列に並んで待つしかなく、なかなか進みませんでした。

5年が経ち、わが街も工事が少しずつ始まりましたが、まだ自分の家や会社は取り壊されたままでした。唯一残った土地も値下がりし、売って借金を返済したら何も残りませんでした。Aさんは結局被災に合わなかった遠くの町へ転居して、一から出直すことになりました

 

あれから100年が経ち、Aさんのひ孫の時代となりました。ひ孫たちは、ひいおじいちゃんの時代に大震災があったことは知りませんでした。

そしてそのひ孫の時代に、再び大震災が起きました。ひ孫はAさんと同じことを繰り返し、Aさんの教訓は活かされませんでした

 前ページ  次ページ